デリヘルのルール

デリヘルのプレイ内容は店舗によって若干異なりますが、基本的にはファッションヘルスと同じです。 そして楽しくエッチなプレイを堪能するには、ルールを守ることは必須事項です。デリヘルで行ってはいけない代表的な禁止事項は以下の二点があげられます。

まず一つ目、絶対にやってはいけない行為は「本番=セックス」です。もし行ってしまった場合、店舗側から罰金を請求されたり、最悪警察に通報されてしまう可能性があります。風俗嬢の方から本番をしようと誘ってくるケースもゼロではありませんが、その後風俗嬢の気が変わって“本番強要された”と証言されれば、何かしらの責任を負わなければいけない可能性が非常に高いです。誘われてもきっぱりと断りましょう。

そして二つ目、女の子を傷つけるような「暴行」も禁止です。そもそも、女性に対して暴力を振るうというのはモラルの問題です。SMなど少し過激なプレイの場合でも、ボーダーラインは超えることは厳禁。どこまでがプレイの範囲内で、どこからが暴力かわからないという方は、プレイ前に女の子と話し合って確認をしておきましょう。

その他、「泥酔のお客さんお断り」や「撮影禁止」など各店舗ごとにルールが設定されていますので、利用前に必ず確認してトラブルを起こさないようにしましょう。